気軽に相談する

相談

精神的な疾患は早めに気付き治す必要があります。それはなぜかというと、精神的疾患は初期はそれぞれの病気に特有の症状で収まっていることが多いのですが、それが進行してくるとうつ病などを併発する恐れがあるからです。身体的な疾患であるがんなどと比べるとわかりやすいのですが、胃がんは転移すると血管などでがん細胞が運ばれて全身をめぐります。そうなると胃がんは肝臓に転移しやすいという特徴があるのです。精神疾患もこういったがんと同じに考えて良く、早めに対策しなければ原因が特定しにくく治療しにくい精神疾患に発展することがあるのです。

うつ病に発展しやすい病気としてはいろんなものがあります。適応障害やPTSDなどいろんなものがありますが、パーソナリティ障害はその一つです。パーソナリティ障害は単に性格が悪い人と混同されがちな部分があります。しかし、パーソナリティ障害と性格が悪い人の決定的な違いといえば社会的な適応ができなくて多大なストレスを感じているという事です。しかも元々の性格には問題行動を起こすような性格がなかったというのもパーソナリティ障害を発症する人の特徴となっています。ストレスやショックなことが原因でパーソナリティ障害を引き起こすこともありますが、この障害はさらなる精神的なストレスを産んでしまいます。

精神的な疾患を治療するための医療機関は以前よりも増えてきているので安心して治療をすることができます。歴史上にはこういったパーソナリティ障害などの疾患に悩んでいても、十分に治療が受けられなかったという事情もあります。フロイトやユング、あらゆる精神医学の研究を経て、今ではエディプスコンプレックスなどといった精神医学専門用語が一般にも浸透してきています。パーソナリティ障害などの症状に苦しんでいる人は、周囲の人に疾患を感付かれるのを恐れて治療を拒む人もいましたが、今は環境が整っているので相談しやすいです。検査の方法も昔より精密になってきているので、正しく治療に取り組むことができます。

TOP