障害の分類

チェックリスト

パーソナリティ障害にはいろんなものがあり、三つに分けられています。さらに障害には分類されていないタイプも存在しているので、治療をするためにはどのタイプかをしっかり判断することが大事です。なぜ細かく分類して治療を進めるのかというと、一言でパーソナリティ障害といっても症状も治療方法も変わってくるからです。精神疾患はただでさえも元々の性格や気分的なものと混同されがちであるという難点があります。治療には当然費用がかかってきますので、できるだけ節約したいものです。しかもパーソナリティ障害を抱えていれば社会的に適応することが難しいので、的確に治療を行ないたいものです。時間はかかるとはいえ、最初から正しい診断名の元に治療を行なっていれば確実に効果が得られます。

パーソナリティ障害は三種類、A群・B群・C群に分類されています。それぞれには特徴があり、A群は風変わりな言動があることです。B群は感情の面で問題があり、移り気な特徴があります。最後にC群は不安気分や内向的なものとなっています。その中でもいくつかの種類に分かれており、細かく分類がなされています。その他の障害として分類されていないがパーソナリティ障害に近いとされている症状は以下の通りです。
受動性や攻撃性パーソナリティ、循環気質性パーソナリティ、抑うつ性パーソナリティの三つが三種類の中には分類されないけれどもパーソナリティ障害的な要因がみられるものです。例えば受動-攻撃性パーソナリティは不器用な外見や行動を人を攻撃するための印象操作として扱うことのある性質です。これは明らかなパーソナリティ障害とはいえず、罪悪感さえ無い場合がありますが、日常生活に弊害をもたらす要因になります。

いろんなパーソナリティ障害がありますが、全てにおいて共通しているといえるのが性格や行動が極端といえる点です。属している文化を十分に考慮することが大事であり、他の精神疾患とも区別される必要があります。

TOP