こんな症状が出たら病院へ相談しよう

PICUP

相談

気軽に相談する

精神的な疾患があったとしても相談しにくい雰囲気が以前はありました。しかし、今ではパーソナリティ障害などの精神疾患研究も進み、相談しやすい雰囲気が出来上がっているので安心です。

チェックリスト

障害の分類

パーソナリティ障害とは何なのかということは、一言でいうと極端な性格と行動が病気によって引き起こされることです。しかしその性格や行動にはいろんなパターンがありますので、それぞれ検討する必要があります。

性格とは違う

頭を抱える

人生においてはいろんな決断をしていく必要があります。そのとき、決まった解答があるわけではないので、人には一つ一つ違った選択肢を選ぶ権利があります。性格や今まで生きてきた経験によってより良い選択をしていくことが必要ですが、パーソナリティ障害に陥っている人はその判断ができないことがあります。通常、失敗をしてしまったらそれを次はしないように行動します。しかし、精神的な疾患を患っているとその判断ができず立ち止まる、あるいはいつも同じ行動パターンをして失敗をすることになります。失敗の原因に気付いていない場合は違う行動をとってポイントで同じ行動をしてしまうということがよくありますが、パーソナリティ障害の場合はそうではありません。

パーソナリティ障害の場合行動のパターンを頑なになって変えないため、診断ではすぐに判断ができます。パーソナリティ障害であるかないかの診断は今までの行動パターンや思考パターンについて質問されることになるので、病気が明らかになるのです。このとき、障害を抱えているためストレスを大きく感じている場合もあれば、全く気づかずに悪いとも考えていない場合があります。しかしどちらも社会生活においては多大な障害が起こっている場合は否めません。周囲は突飛な行動や思考に悩まされていることが多く、患者と一緒に来院するパターンも多いです。このパーソナリティ障害は単に性格的な問題であると片付けられることも多かったですが、特に強迫性パーソナリティ障害や回避性パーソナリティ障害の場合はうつ病などを引き起こす場合もあるので直ちに治療しなければなりません。

パーソナリティ障害には大きく分けて三つの分類があります。その三つの分類の中でも細かく分けられており、それぞれに行動や思考パターンの特徴がみられます。家族や周囲の人の行動パターンに似通ったところがある場合、対処法などに注意して治療を促すべきです。このとき、うつ病や他の病気であるかどうかを診断するのはとても大切なことです。正しく診断されることは効果のある取り組みができるということなので、その分早い社会復帰が期待できます。

CONTENT

A群の分類と特徴

悩む

パーソナリティ障害は三つに分類されますが、A群の特徴は周囲の人が理解しがたい奇妙で突飛な行動をするという特徴があります。妄想性、統合失調質、または統合失調型の症状にさらに分類されます。

More...

B群は移り気がポイント

考える

誰かの気を引こうとして演技をしたりするのは誰でもやったことがありますが、それがエスカレートしどんな手段を使っても人をコントロールしたいという障害はB群のパーソナリティ障害に分類されることになります。

More...

C群は不安に特徴あり

正面を見る

不安に駆られてしまい、それによって自分の行動をコントロールできないタイプのパーソナリティ障害もあります。A群やB群とは違うこのタイプは、表面上は気づかれにくい傾向があります。

More...

TOP